レズビアンの出会い専用サイト『alefmag.com』

レズビアンと出会えるサイトはコチラ!

GIRLSxGIRLS

  • 圧倒的な会員数!
  • リピーター率№1
  • 会員数:約100万人

会員登録数№1の超人気サイト!会員が多いから出会いやすい☆
エントリーもカンタンなので初めての方にも安心の優良のレズサイト。

PLATINUM LADY

  • 全国で探せる!
  • 即会い可能
  • 会員数:約80万人

地域別検索、サイト専用メール、チャット機能などなど
レズとの出会いに効果的な機能が満載の人気のサイト!管理人イチオシです♪

レズのパートナーが出来る

出会い系サイトで同性相手を見つけた。
私達が求めているものはレズフレンドなのです。
しかし、実際にレズフレンド見つけるのも私達の現代社会では難しい問題なのではないでしょうか。
インターネットの出会い系サイトなどでいろいろフレンド探しているのですけどね。
しかし、出会い系サイトと言えば、やっぱり女性と女性が出会う場所という感じではありませんか。
なかなかレズの私達が要求を満たされる場所でもありません。
大体、私がレズの相手の方が気持ちいいことも今まで全然気がつかなかったことなのです。
出会い系サイトで、綺麗な女の子と知り合って・・・。
私は、実際に異性で満足出来ない。
同性を求めていることに気がつきました。
そして、であった女性と一緒にお酒を飲んで、酔っぱらって・・・。
そして、一緒にラブホテルへ。
そして、その後の私達の行動は秘密です。
実際に秘密にかする訳ではありませんが、私はただ波のように彼女のなすがままにされていただけです。
そして、私はその快感よ溺れ、レズの素質に開眼したという感じでしょうか。
 そして、当然その後も彼女とのレズの関係は続きます。
私達だけの時間が流れていくのです。
しかし、私はレズと言うものの、女性をNOと言う訳でもありません。ちょっと新しい風を吹き込みたいと思う場合は女性ともセックスをします。
しかし、こういう私のモチベーションを彼女は嫉妬してしまっているのではないでしょうか。
私にとつて彼女をちょっと嫉妬させてイライラさせるのみ何処か作戦なのかもしれません。彼女とは出会い系サイトで会いました。
出会い系サイトでないと、私達同性は出会う方法なんてなかなか見つけられないですよ。
出会い系サイトはこういう私達も求めている出会いの手段なのです。
そして、私達は出会い系サイトで異性をも求めています。

女の子を求める女の子

痛く熱いセックス。
女性になんて実際に私は興味がないということを知りました。
しかし、全然今までそういうことに気付かなかった私なのです。
レズとはそういうものなのではないでしょうか。
みなさんだって、自分自身の中にレズの要素が眠っているのかもしれませんよ。
実際に、私の場合、異性から告白されたりして、いい気になっていたりして、極々ノーマルな女性だと思っていたのです。
しかし、同性の女の子に告白されて、拒否したいと気持ちと、受け入れたい気持ちが同居している自分を知りました。
戸惑い、ちょっとずつ受け入れたいと思う気持ちです。
女性だからムズムズした感じがあり、異性との体験よりも全然コッチの方が大きいのです。
レズな関係は衝撃的で、刺激的です。
しかし、自然。
自然体でとうとう私も友だちを求めて行ったのです。
そして、私達は自然の摂理として身体を求め合う関係になりました。
痛みもありましたが、痛みこそ愛という実感も、異性のセックス体験以上に存在しています。
本当のこと言えば私がレズであることを堂々と言いたいのです。
別に私達が何を悪いことをしている訳でもありません。しかし、このモラル違反な気持ち。
日陰に置かれているような感覚がまたまたレズの関係の刺激になってしまっているのでしょうね。
私は友だちに愛撫されて、何処か大海を漂っている船のような思いでいます。
実際に私がこのまま何処へ向かっていくのかも全然判らないです。
しかし、これが愛の快感なのです。
私達はこのまま法則も法律もない場所へ向かっている思い。
私と友だちはシックスナインの体勢。
私が拒んだ訳でもありません。私がシックスナインの体勢を積極的に求めているのです。
こんなことは、旦那との関係になかったことです。
シックスナインの体勢なんて、私達レズ族のためにあったのではないでしょうか。
私達のためにセックスが存在しています。
痛く、熱いセックスが。

レズ主婦の一日を知ろう

レズに開眼した。私、実際に極々ノーマルな女性と思っていた訳です。
しかし、全然ノーマルではありませんでした。
夫の生活がマンネリ化した頃、私は、同性のセックスの刺激に開眼しました。
私は専業主婦です。
極々、普通。となりの奥様だって、私達はアブノーマルとは気がつかないでしょう。
だって、私は夫とも非常に仲のいい関係を維持しているのです。
そして、夫も極々ノーマルで、しっかり異性の私を愛し続けていてくれています。
しかし、こういう私はレズの傾向にある訳です。
だから、みなさん普通の家庭の人たちも注意した方がいいですよ。
私自身の内面に違う自分が住んでいるのかもしれません。私もこういう自分に気がつかなかったのです。
だから、こうやって、異性の女性と結婚したことも、一概に私が悪いという問題でもありません。私はふっと思います。
ひょっとしたら夫だって、ホモの可能性があるんじゃないかな・・・って。
そのことを知らないのは私だけだったりして・・・。でも、異性の旦那に抱かれて、何か違うのかな・・・。異性に抱かれるとはこんなに味気ないものかしら・・・。
と思うようなことはありました。しかし、そういう快感って、他人と比較なんて全然出来ない訳ではありませんか。
これが健康的に異性とのセックスとも思っていたのです。私のレズの相手は、友だちです。
ついついふざけているうちに、レズの関係になってしまったのです。
そして、このレズの世界の方が、異性の世界よりも全然奥が深い。私はこの奥の深さに戸惑い、ビックリしてしまいましたよ。
これが、私達の本来あるセックスの形だったのです。この快感を私は求めていたのです。
夫は私の友だちとの関係にまだ気付いている訳でもありません。しかし、旦那もひょっとしたら薄々感づいている頃なのかもしれません。友だちもちょくちょく私の家に顔を出し、何しろ、私も友だちもいきいきとしている訳ですからね。

レズ出会い系サイトの運営の実態

「完全無料」なレズ出会い系サイトを運営するには、運営費用をどう捻出するかがポイントだ。
詐欺的なやり方をするならば、「同時登録」というあくどい方法があるが、普通は宣伝広告料で賄うことが多い。
サイトを管理するにはサーバ代やドメイン管理料・人件費・利益・サイトデザインメンテナンス料――などが必要になる。
「無料」で運営することは不可能だ。
宣伝広告は、サイト内にバナー広告を貼ることと、登録顧客に宣伝広告メールを配信する2つが中心になる。
いずれにしてもアクティブアクセス数をそれなりに稼がなくては、宣伝広告効果は薄れてしまいスポンサーは他のサイトに宣伝広告を依頼することになり、そうなればサイトは閉鎖に追い込まれるだろう。
一時は破竹の勢いだったが、最近は淘汰されてきて出会いが実現しないサイトはことごとく閉鎖されているようだ。
会員人数が多くても、実際に幽霊会員が多ければバナー広告にしても宣伝広告メールにしても、クリック率が落ちるので一概に会員人数が多いサイトが強いとも限らない。
アクティブアクセス数が多いサイトが「優良」なレズ出会い系サイトと判断して良いだろう。
だれでも「無料」で使いたいから登録する人も多いが、どうしても女性が多くなっており、実質的には女性の占拠率が8割から9割と言われている。
これでは、なかなか女性との出会いは実現しないのはご理解いただけるだろう。
そして、出てくるフレーズが<焦らずじっくりと>だ。
たとえば、女性のシェアが9割だとしよう。
単純モデルで考えると女性9人で女性1人になる――これで焦らずじっくりと活動して、いつになったら出会いが実現するのだろうかと考えて見てほしい。
1カ月使ってみて、見込みがなさそうならば「定額制」のレズ出会い系サイトを検討するべきだと思う。

利用する際には気を付けよう

利用者ならよくご存知でありましょうが、レズ出会い系サイトというものは女性の利用者が圧倒的に多いんですね。
レズ出会い系サイトの女女比と言ったら、女性がグンを抜いて多くいるのです。
現実社会での女女比率というものは5対5と言われほぼ半分半分かなのですがインターもネットではこれは通用しないのです。
圧倒的な数で女性利用者が多くいます、レズ出会い系サイトでは女性が女性に対してアプローチをしていくというカタチをとっていますから、運営サイドとしても女性の利用者を何とか取り込みたいと考えているようです。
運営側も差のざまな手で女性会員を増やそうと努力はしているようなのですけど、そう簡単に女性の会員とは増えていくものではありません。
女性会員が少ないということはレズ出会い系サイト運営にとっても痛手となってしまいます、ですので非常手段として運営側はサクラと言われる偽の女性会員を利用したりするものなんですね。
サクラ、このニセの女性会員は女性を騙すことを目的としています。
サクラはあなたにとても興味があり関心がありますというようなことをメールに認めてあなたに送ってよこすのです。
勿論なそんなのは嘘っぱちでありまして、はなから会う気などは一切ないのです。
あなたの気を引いていくども幾度もメールを送信させてポイントを消費させようと企んでいるのです。
ポイントが切れたら、また最購入に走らせるためにまたメールをいくども送信してきます。
悪質といわれるレズ出会い系サイトですと、利益のみに走りサクラを利用して女性会員を騙して利用料金をせびるのであります。
この様な悪質なレズ出会い系サイトというものは、決して少なくないのが現状であります。
悪質なレズ出会い系サイトの中には、サクラしかいないようなとんでもないサイトもあるのですよ。
これでは利用者にはまったく意味のないことになってしまいますよね。
出会い毛サイトを登録すね祭には未闇に選ぶのではなく、事前に口コミサイトや体験談を調べてかすら、サイトの内容を確認した上で悪質な《サクラ》がいないかどうか把握して登録をするようにしましょう。
サクラの見分け方というものも存在しています、サクラはとにかく美味しいことばかり言ってくるのです。
あたかも気があってあなたの物になりたいというようなことを。
しかし合う約束をしようとすると、のらりくらりと交わしに入ります。
そのくせメールは沢山したいし、あなたが好きというようなこと言ってくるのです。
こういう引き伸ばし作戦をしてくるのがサクラの大きな特徴なんですね。
女性利用者としては大変に腹立たしい存在なのがサクラであります、サクラばかりのサイトでしたらさっさと退会して他に移動したほうがいいのです。
ですが悪質な業者でありますと退会に応じないというとんでもない奴らもいるのです。
悪質な業者のレズ出会い系サイトやサクラといったものは、ゴミ意外の何にモノでもありません。
この様な奴らには十分気をつけてください。

女装マニアとのプレイ

女装が好きな男性と疑似レズプレイを楽しみましたついこの間の話なんですが、出会い系サイトを利用していて、これまでに体験したことがないことを体験しました。
普通、出会い系サイトはメル友や付き合う人を探すためのサイトですよね。
私も今まで男性からメールが送られてくるということはありましたが、女性のほうから友達になりたいというメールが送られてきました。
初めて女性がメールをしてきたので、なんだか新鮮な気持ちになったんです。
メールのやり取りをしていくと、共通の趣味があって、仲良くなるのにそこまで時間がかかりませんでした。
住んでいる場所も近かったので、知り合って3週間後には一緒に遊ぶ約束をしました。
どんな女の子がやってくるのか楽しみにしていたのですが、いまどきのファッションをしている女の子でした。
女の子にしては背が高かったですね。
お互いに挨拶をしたのですが、結構声が低かったです。
おかしいな?と思っていたんですが、実は男の子だったんですね。
顔はどう見ても女性だし、素振りも完全に女性だったので、すぐには気づきませんでした。
でも話も合うし、女装をする男性と会うのは初めてだったので、そのまま一緒に遊ぶことにしました。
一緒に買い物をした後は、居酒屋で一緒にお酒も飲みました。
お酒を飲んでいて、だんだんいいムードになってきたので、二人でラブホテルに行きました。
冷静に考えると、かなりおかしな体験をしてしまいましたね。
ラブホテルで、疑似レズプレイを体験してしまいました。
今までの中で一番刺激を感じたかもしれません。
その女装好きな男性とは、それからも一緒に遊んだりはしているのですが、あれからはホテルに行ったりはしていません。

準備中

申し訳御座いません。

只今コンテンツ準備中ですので、公開まで今しばらくお待ちください。

アーカイブ

カテゴリー

サイトマップ

運営案内

サイト名
レズビアンの出会い専用サイト『alefmag.com』

運営者
nosidnhd事務局

代表
植野 倫史

問い合わせ先アドレス
alefmaginfo@yahoo.co.jp